技術情報
コードの自動生成
VBAには自分が操作した内容を記録して、コードを自動的に生成してくれる便利な機能があります。
特に、ワークシートやセルの操作は複雑なコーディングを必要とすることが多く、この自動生成機能を用いて、一連の操作のコーディング記録を参考にしながら、自分が行いたい処理をコーディングすることが可能になります。


操作の記録を開始するには、「開発」->「マクロの記録」をクリックします。


この画面が表示されたら、「OK」をクリックします。
「OK」をクリックした瞬間から、Excel上で操作する内容がコードとして記録されていきます。
(※)この画面でマクロ名を指定しなくても後から変更は可能です。


記録したい操作が終わったら、「開発」->「記録終了」をクリックします。


記録終了時点で標準モジュールに操作した記録がサブルーチンとして保存されています。
記録されたサブルーチンを改良したり、これを参考にしながら、別のサブルーチンや関数を新たに作成したり、既存のコードの一部を変更したりします。