技術情報
コードエディターの起動
ここではExcel2013を使う場合について説明します(Excel2016も同様です)。


メニューの「開発」を選択し、「Visual Basic」をクリックすると、コードエディターが起動します。
(※)「Alt + F11」キーを押してもコードエディターが起動します。

メニューに「開発」がない場合は、

「オプション」を選択します。


「リボンのユーザー設定」をクリックし、「開発」にチェックを入れます。