技術情報
[06] 処理中のちらつきを防止する
ワークシートのセルの値を操作したり、ワークシートを切替ながら処理するなど、画面の表示が変わるような処理を連続実行で処理していると、画面がちらついてうっとうしいことがあります。
そのような場合、「Application.ScreenUpdating」プロパティを使用します。
Application.ScreenUpdating = false
とすると、それ以降、画面の表示が更新されなくなります(フリーズしたような感じに見えます)。
画面の表示を更新しないことは、プログラム処理の高速化にもつながります。
但し、処理が終わったら、必ず「true」に戻し、画面の表示を更新するようにしてください。