技術情報
<form>~</form>
入力フォームを定義します。
HTML5からはフォーム部品をformタグの外側にも配置できるようになりました。
この場合は、formタグのid属性に設定したidをフォーム部品のform属性にセットします。

属性
送信時のMIMEタイプを設定します。複数設定する場合は、半角スペースで区切ります。

送信時の文字エンコーディングを設定します。日本語のエンコーディングとしては、「utf-8」「shift_jis」「euc-jp」などがあります。複数設定する場合は、半角スペースで区切ります。

フォームデータ送信先のURLを設定します。

オートコンプリートを有効にするかどうかを設定します。

on (デフォルト)
オートコンプリートを有効にします。

off
オートコンプリートを無効にします。

送信時のデータ形式を設定します。

application/x-www-form-urlencoded (デフォルト)
URLエンコード

multipart/form-data
マルチパート(ファイルアップロード時など)

text/plain
プレーンテキスト

HTTPメソッドを設定します。

get (デフォルト)
送信データをURLにつなげて送信します。

post
送信データをURLとは別に本文として送信します。

フォームの名前を設定します。

入力値の妥当性をチェックするかどうかを設定します。この属性を設定した場合、妥当性はチェックされません。
値は novalidate="novalidate" とするか 属性名のみ指定します。

送信結果の表示先のターゲットを設定します。
以下の値を設定します。

_blank
新規にウィンドウを表示します。

_self
現在のウィンドウ(フレーム)に表示します。

_parent
親ウィンドウ(フレーム)に表示します。

_top
フレームを解除してウィンドウ全体(ブラウザの表示領域全体)に表示します。

ウィンドウ名 または フレーム名
任意のウィンドウ(フレーム)に表示します。



使用例
<form method="post">
<input type="text">
<input type="submit" value="送信">
</form>


表示例