技術情報
<object>~</object>
外部リソースを埋め込みます。
外部リソースの呼び出しに必要なパラメータはparamタグで設定します。

属性
垂直方向の配置を設定します。

top
上端揃え

middle
中央揃え

bottom (デフォルト)
下端揃え

left
左側へフロート

right
右側へフロート

アーカイブのURLを設定します。

境界の太さを設定します。

実行プログラムのURLを設定します。

data属性、classid属性、archive属性の基準URLを設定します。

実行プログラムのMIMEタイプを設定します。

外部リソースのURLを設定します。

実行しないで停止状態に設定します。
値は declare="declare" とするか 属性名のみ指定します。

フォームと関連付ける場合に使用します。

外部リソースの高さを設定します。

左右の余白を設定します。

外部リソースの名前を設定します。

コンテンツダウンロード中のメッセージを設定します。

MIMEタイプを設定します。

イメージマップとして使用する場合のイメージマップ名を設定します。値は「#マップ名」となります。

上下の余白を設定します。

外部リソースの幅を設定します。



使用例
<object data="sample.gif" type="image/gif" width="200" height="600"></object>