技術情報
<select>~</select>
リストボックスを定義します。

属性
自動フォーカスを設定します。自動フォーカスを設定できるのは1つの文書で1つだけです。
値は autofocus="autofocus" とするか 属性名のみ指定します。

部品を無効にします。
値は disabled="disabled" とするか 属性名のみ指定します。

<form>~</form>の外側に部品グループを配置する場合に、formタグのid属性値と同じ値を設定します。

複数選択を有効にします。
値は multiple="multiple" とするか 属性名のみ指定します。

リストボックスの名前を設定します。

入力必須に設定します。
値は required="required" とするか 属性名のみ指定します。

表示する選択肢の数を設定します。



使用例
<form id="test">
<select name="data1">
<option value="1">選択肢1</option>
<option value="2">選択肢2</option>
<option value="3">選択肢3</option>
</select>
</form>


表示例