技術情報
タグリファレンス
HTML5から新しく定義されたタグ(ブラウザによって正しく機能しないタグがあります)。
HTML5で廃止(廃止予定)または非推奨のタグ。

<!doctype html> ----- ドキュメントの種類を宣言します。
<base> ----- 相対パスの基準URIを設定します。
<head> ----- ヘッダー部であることを示します。
<html> ----- ドキュメントがHTML文書であることを示します。
<link> ----- 外部リソースのリンク先を設定します。
<meta> ----- メタデータを設定します。
<title> ----- 文書にタイトルを付けます。
<style> ----- スタイルシートを記述します。

<address> ----- 連絡先・問合せ先領域であることを示します。
<article> ----- 記事であることを示します。
<aside> ----- 補足情報の領域であることを示します。
<body> ----- 文書の本文領域であることを示します。
<footer> ----- 本文領域のフッター部であることを示します。
<frame> ----- framsetタグで分割したウィンドウの各フレームの設定をします。
<frameset> ----- ウィンドウを分割します。
<h1> ~ <h6> ----- 見出しをつけます。
<header> ----- 本文領域のヘッダー部であることを示します。
<nav> ----- ナビゲーションであることを示します。
<noframes> ----- フレーム未対応のブラウザ用に表示する内容を設定します。
<noscript> ----- スクリプトが動作しない環境用の表示内容を設定します。
<script> ----- JavaScriptなどのスクリプト領域であることを示します。
<section> ----- セクションであることを示します。

<blockquote> ----- 引用・転載部であることを示します。
<dd> ----- 定義や用語の説明であることを示します。
<dir> ----- ディレクトリ型リストを表示します。
<div> ----- 1つの領域であることを示します。前後で改行されます。
<dl> ----- 定義や用語リストであることを示します。
<dt> ----- 定義や用語を示します。
<figcaption> ----- 図表のキャプションであることを示します。
<figure> ----- 図表であることを示します。
<hr> ----- 区切り線を表示します。
<li> ----- リスト項目であることを示します。
<ol> ----- 順序表示のリストを表示します。
<p> ----- 段落であることを示します。
<pre> ----- 囲まれた領域の改行や半角をそのまま表示します。
<span> ----- 1つの領域であることを示します。前後で改行されません。
<ul> ----- 単純なリストを表示します。

<a> ----- ハイパーリンクやアンカーを設定します。
<abbr> ----- 略語であることを示します。
<acronym> ----- 頭文字をつなげた略語を表します。
<b> ----- 他と区別したいテキスト(ボールド)として設定します。
<basefont> ----- 基準となるフォントのサイズ、色、種類などを設定します。
<bdi> ----- 隔離された文字列を設定します。
<bdo> ----- 文字方向を設定します。
<big> ----- ひとまわり大きい文字を表示します。
<br> ----- 改行します。
<center> ----- 中央揃えにします。
<code> ----- プログラムなどのコードであることを示します。
<cite> ----- 作品のタイトルを示します。
<del> ----- 削除された部分であることを示します。
<dfn> ----- 用語が使用されていることを示します。
<em> ----- アクセントをつける箇所を設定します。
<font> ----- フォントのサイズ、色、種類などを設定します。
<i> ----- 他と区別したいテキスト(イタリック体)として設定します。
<ins> ----- 追加された部分であることを示します。
<kbd> ----- ユーザが入力する内容であることを示します。
<mark> ----- テキストを目立たせます。
<q> ----- 引用であることを示します。
<rp> ----- ルビを囲む記号を設定します。
<rt> ----- ルビのテキストを設定します。
<ruby> ----- ルビをふります。
<s> ----- すでに正確ではなくなった内容を示します。
<samp> ----- プログラムによる出力結果のサンプルであることを示します。
<small> ----- 注釈などを設定します。
<strike> ----- 取り消し線を表示します。
<strong> ----- 強調文字を設定します。
<sub> ----- 下付け文字として設定します。
<sup> ----- 上付き文字として設定します。
<time> ----- 日付や時刻を正確に示します。
<tt> ----- 等幅フォントで表示します。
<u> ----- 軽めのラベル付けを設定します。
<var> ----- 変数であることを示します。
<wbr> ----- 改行してもよい位置を示します。

<applet> ----- Javaアプレットを埋め込みます。
<area> ----- イメージマップのハイパーリンクを設定します。
<audio> ----- 音声コンテンツを埋め込みます。
<canvas> ----- 図形描画領域を設定します。
<embed> ----- プラグインデータを埋め込みます。
<iframe> ----- インラインフレームを表示します。
<img> ----- 画像を表示します。
<map> ----- イメージマップを設定します。
<object> ----- 外部リソースを埋め込みます。
<param> ----- プラグインのパラメータを設定します。
<source> ----- 動画や音声などのURLや種類を設定します。
<track> ----- 動画・音声と同期するテキストトラックを設定します。
<video> ----- 動画コンテンツを埋め込みます。

<caption> ----- 表にキャプションを設定します。
<col> ----- 表の列グループ含まれる列を設定します。
<colgroup> ----- 表の列をグループ化します。
<table> ----- 表を作成します。
<tbody> ----- 表のボディ部を定義します。
<td> ----- 表のセルを定義します。
<tfoot> ----- 表のフッタ部を定義します。
<th> ----- 表の見出しセルを定義します。
<thead> ----- 表のヘッダ部を定義します。
<tr> ----- 表の行を定義します。

<button> ----- ボタンを定義します。
<datalist> ----- データリストを定義します。
<fieldset> ----- フォーム部品をグループ化します。
<form> ----- 入力フォームを定義します。
<input> ----- フォーム部品を定義します。
<isindex> ----- 1行のテキスト入力欄を定義します。
<keygen> ----- フォーム送信時に暗号鍵を発行します。
<label> ----- フォーム部品のラベルを関連づけます。
<legend> ----- フォーム部品グループにキャプションを定義します。
<meter> ----- 範囲内の測定値を表します。
<optgroup> ----- 選択肢をグループ化します。
<option> ----- 選択肢を定義します。
<output> ----- 計算結果欄を示します。
<progress> ----- プログレスバーを定義します。
<select> ----- リストボックスを定義します。
<textarea> ----- 複数行のテキスト入力欄を定義します。

<command> ----- 操作メニューのコマンドを定義します。
<details> ----- 備考や操作手段などの詳細情報を示します。
<menu> ----- 操作メニューを定義します。
<summary> ----- <details>のキャプションを表示します。