技術情報
Documentオブジェクト
HTML文書を表すオブジェクトです。
このオブジェクトはJavaScriptで必ず利用するオブジェクトで、最重要のオブジェクトです。
(※)ブラウザによって使用できないものもあります。

プロパティ
現在フォーカスの当たっている要素を返します。

HTML文書中の全アンカーの配列を返します。

document.loadの呼び出しを同期モードで呼び出すかどうかを設定します。

true
同期モード
false
非同期モード

HTML文書のbodyタグ要素を返します。

HTML文書の文字コードを返します。

レンダリングモードを表す文字列を返します。

Cookieの内容を設定または返します。
返される値は「キー=値; キー=値; ...」で表される文字列です。
設定する場合はこのプロパティに上記の「キー=値; キー=値; ...」で表される文字列を代入します。

スクリプトを実行しているscriptタグを返します。

HTML文書に関連付けられているwindowオブジェクトを返します。

HTML文書の編集可能状態を設定または返します。

HTML文書の書字方向を設定または返します。

HTML文書の文書型宣言(DTD)を返します。

HTML文書のhtmlタグ要素を返します。

HTML文書を表示するためにブラウザにより使用されたモードを返します。

HTML文書のURIを返します。

サーバのドメイン名を返します。

HTML文書中の全埋め込みオブジェクト配列を返します。

HTML文書またはimgタグのファイルサイズを返します。

HTML文書中の全フォームの配列を返します。

HTML文書中の全画像(imgタグ)の配列を返します。

HTML文書に関連付けられたDOMImplementationオブジェクトを返します。

HTML文書のパース時のエンコーディングを返します。

文書が最後に更新された日時を返します。

HTML文書中の全リンクの配列を返します。

修飾名のローカル部分を返します。

HTML文書のURLを返します。

HTML文書のXML名前空間を返します。

HTML文書の親ウィンドウオブジェクトを返します。

HTML文書の全プラグインの配列を返します。

文書の読み込みステータスを以下の定数で返します。

uninitialized
ロードされていません。
loading
ロード中です。
interactive
ロード中でも、操作可能です。
complete
ロード完了しました。

現在のページをロードした呼出元のURLを返します。

HTML文書の選択されているオブジェクトを返します。

HTML文書の全スタイルシートオブジェクトの配列を返します。

HTML文書のタイトル(<title>~</title>で囲まれた文字列)を返します。

HTML文書の対象ノードを返します。

文書のURLを返します。


メソッド
引数で指定した外部ドキュメントのノードを取り込みます。

[引数]
外部ノードオブジェクト

[戻値]
ノードオブジェクト

指定した座標のキャレットを返します。

[引数]
  • 引数1
  • x座標(横方向の座標)
  • 引数21
  • y座標(縦方向の座標)

[戻値]

イベントの検出を設定します。
引数には検出したいイベントを示す定数を設定します。
このメソッドで検出したいイベントを設定した場合、documentのイベントハンドラに割り当てる関数を別途定義しなければなりません。

[引数]
イベントを表す定数を設定します。複数指定する場合は「|」で区切ります。

[戻値]
なし

(例)
document.captureEvents(Event.DBLCLICK);
document.ondblclick = myFunc;
function myFunc()
{
~ 処理 ~
}

document.open()メソッドで開始したドキュメント出力を閉じます。

[引数]
なし

[戻値]
なし

新しい属性を作成します。

[引数]
属性名

[戻値]
属性オブジェクト

指定した名前空間に新しい属性を作成します。

[引数]
  • 引数1
  • 名前空間
  • 引数2
  • 属性名

[戻値]
属性オブジェクト

新しいCDATAセクションを作成します。

[引数]
  • 引数1
  • 名前空間
  • 引数2
  • 属性名

[戻値]
属性オブジェクト

新しいコメントノードを作成します。

[引数]
文字列

[戻値]
ノード

新しいDocumentFragmentオブジェクトを作成します。

[引数]
なし

[戻値]

新しいタグ要素を作成します。

[引数]
タグ名

[戻値]
タグ要素オブジェクト

指定した名前空間に新しいタグ要素を作成します。

[引数]
タグ名

[戻値]
タグ要素オブジェクト

指定した種類のイベントを作成します。
返されたオブジェクトは種類に応じた初期化メソッドで初期化した後、dispatchEventイベントへ渡します。

[引数]
以下の種類のいずれかを設定します。
種類 説明 初期化メソッド
UIEvents ユーザインタフェースイベント event.initUIEvent
MouseEvents マウスイベント event.initMouseEvent
MutationEvents 変異イベント event.initMutationEvent
HTMLEvents HTML イベント event.initEvent
UIEvent
UIEvents
ユーザインタフェースイベント event.initUIEvent
MouseEvent
MouseEvents
マウスイベント event.initMouseEvent
MutationEvent
MutationEvents
変異イベント event.initMutationEvent
MutationNameEvent 変異名前イベント event.initMutationNameEvent
TextEvent テキストイベント event.initTextEvent
KeyboardEvent キーボードイベント event.initKeyEvent
CustomEvent カスタムイベント event.initCustomEvent
Event 基本イベント event.initEvent

[戻値]
タグ要素オブジェクト

新しい範囲オブジェクトを作成します。
範囲オブジェクトにはsetStartメソッドとsetEndメソッドで包含する要素オブジェクトを指定します。

[引数]
なし

[戻値]
範囲オブジェクト

新しいTextオブジェクトを作成します。

[引数]
文字列

[戻値]
テキストオブジェクト

新しいTreeWalkerオブジェクトを作成します。

[引数]
  • 引数1
  • TreeWalkerオブジェクトのルートノードを設定します。
  • 引数2 (省略可)
  • 表示されるべきノードのタイプを表すビットマスク値を返します(TreeWalkerオブジェクトのwhatToShowプロパティ参照)。
  • 引数3 (省略可)
  • NodeFilterを設定します。

[戻値]
テキストオブジェクト

指定した座標にある要素オブジェクトを返します。

[引数]
  • 引数1
  • x座標
  • 引数2
  • y座標

[戻値]
テキストオブジェクト

指定した名前にマッチしたスタイルシートを有効にし、マッチしなかったスタイルシートを無効にします。

[引数]
スタイルシート

[戻値]
なし

引数で指定するID属性値の要素オブジェクトを返します。

[引数]
ID属性値

[戻値]
要素オブジェクト

引数で指定するclass属性値が同じタグ要素のオブジェクト配列を返します。
[引数]
class属性値

[戻値]
要素オブジェクト配列

引数で指定するname属性値が同じタグ要素のオブジェクト配列を返します。
[引数]
name属性値

[戻値]
要素オブジェクト配列

引数で指定するタグ名の要素のオブジェクト配列を返します。

[引数]
タグ名

[戻値]
要素オブジェクト配列

引数で指定する名前空間とタグ名の要素のオブジェクト配列を返します。

[引数]
  • 引数1
  • 名前空間
  • 引数2
  • タグ名

[戻値]
要素オブジェクト配列

選択されている文字列を返します。

[引数]
なし

[戻値]
文字列

setUserDataメソッドで作成したオブジェクトのユーザを返します。

[引数]
オブジェクト名

[戻値]
文字列

HTML文書に引数で指定したイベントオブジェクトを送ります。

[引数]
イベントオブジェクト

[戻値]
なし

フォーカスが当たっているかどうかを示す真偽値を返します。

[引数]
なし

[戻値]
true
フォーカスされています。
false
フォーカスされていません。

外部文書から要素オブジェクトをコピーし、現在の文書に挿入できるようにします。

[引数]
  • 引数1
  • 外部文書の要素オブジェクト
  • 引数2
  • 子要素をインポートするかどうかを示す真偽値

[戻値]
true
フォーカスされています。
false
フォーカスされていません。

HTML文書に出力を開始します。

[引数]
  • 引数1 (省略可)
  • MIMEタイプを設定します。
  • 引数2 (省略可)
  • "replace" (この引数を指定すると、履歴に残されている現在のページの内容を書き換えます)

[戻値]
なし

引数で指定したCSSセレクタを持つ要素オブジェクトのうち最初の要素オブジェクトを返します。

[引数]
セレクタ名

[戻値]
要素オブジェクト

引数で指定したCSSセレクタを持つ要素オブジェクトの配列を返します。

[引数]
セレクタ名を設定します。
複数のセレクタ名を指定するには、セレクタ名をカンマ区切りにし、最後に全体をダブルクォーテーション("")で括り、引数としてセットします。

[戻値]
要素オブジェクト配列

マウスキャプチャを開放します。

[引数]
なし

[戻値]
なし

captureEventsで設定したイベントの検出を解除します。
引数にはイベントを示す定数を設定します。

[引数]
イベントを表す定数を設定します。複数指定する場合は「|」で区切ります。

[戻値]
なし

イベントオブジェクトを次のdocumentオブジェクトに送ります。

[引数]
イベントオブジェクト

[戻値]
なし

HTML文書中の選択されているオブジェクトを消去します。

[引数]
なし

[戻値]
なし

html文書中の選択されている文字列を表すオブジェクトを返します。

[引数]
なし

[戻値]
文字列オブジェクト

HTML文書中の選択されているオブジェクトの選択状態を解除します。

[引数]
なし

[戻値]
なし

引数で指定した文字列をHTML文書中に出力します。

[引数]
文字列(複数指定する場合は、カンマ区切り)

[戻値]
なし

引数で指定した文字列をHTML文書中に出力します。
writeメソッドと同じですが、改行コードが自動的に追加されます。

[引数]
文字列(複数指定する場合は、カンマ区切り)

[戻値]
なし