技術情報
HTML Selectオブジェクト
selectタグを表すオブジェクトです。

プロパティ
autofocus属性値を設定または返します。

disabled属性値を設定または返します。

form属性値を返します。


子要素のoptionタグの数を返します。

multiple属性値を設定または返します。

name属性値を設定または返します。

子要素のoptionオブジェクトの配列を返します。

required属性値を設定または返します。

選択されているoptionオブジェクトのインデックスを返します。

選択されているoptionオブジェクトの配列を返します。

size属性値を設定または返します。

multiple属性値が true の場合は "select-multiple"、false の場合は "select-one" を返します。

入力値の妥当性を満たさなかった場合のメッセージを返します。

validity状態を表すValidityStateオブジェクトを返します。

選択されているoptionタグのvalue属性値を返します。

要素が妥当性検証の候補であるかどうかを示す真偽値を設定または返します。


メソッド
optionオブジェクトを追加します。

[引数]

[戻値]
なし

要素からフォーカスを外します。

[引数]
なし

[戻値]
なし

制限対象の要素である場合は true を返します。

[引数]
なし

[戻値]
真偽値

要素にフォーカスを当てます。

[引数]
なし

[戻値]
なし

引数で指定されたインデックスのoptionオブジェクトを返します。

[引数]
インデックス

[戻値]

引数で指定されたid属性値のoptionオブジェクトを返します。

[引数]
id属性値

[戻値]

引数で指定されたインデックスのoptionオブジェクトを削除します。

[引数]
インデックス

[戻値]
なし

要素に妥当性メッセージを設定します。

[引数]
メッセージ

[戻値]
なし