技術情報
イベントハンドラ
HTMLタグにイベント処理を設定することができます。

主なイベントハンドラ
主なイベントハンドラには以下のようなものがあります。
(※)特定のタグでのみ有効なイベントハンドラもあります。また、下記以外にオブジェクトに固有のイベントハンドラもあります。

  • onAbort
  • 画像の読み込みが中断された場合に発生します。

  • onBlur
  • フォーカスが外れた時に発生します。

  • onChange
  • フォーム部品等の入力部品で入力内容が変更された時に発生します。

  • onClick
  • クリックした時に発生します。

  • onDblClick
  • ダブルクリックした時に発生します。

  • onDragDrop
  • ドラッグ&ドロップした時に発生します。

  • onError
  • 読込エラーが発生した時に発生します。

  • onFocus
  • フォーカスが当たった時に発生します。

  • onKeyDown
  • キーを押した時に発生します。
    onKeyPressよりも前に呼び出されます。
    押されたキーの情報はeventオブジェクトを通して取り出せます。

  • onKeyPress
  • キーを押した時に発生します。
    onKeyDownの後に呼び出されます。
    押されたキーの情報はeventオブジェクトを通して取り出せます。

  • onKeyUp
  • 押されたキーを離した時に発生します。

  • onLoad
  • ページが読み込まれた時に発生します。

  • onMouseDown>
  • マウスボタンを押した時に発生します。

  • onMouseMove
  • マウスポインタが移動した時に発生します。

  • onMouseOut
  • マウスポイントが離れた時に発生します。

  • onMouseOver
  • マウスポインタが乗った時に発生します。

  • onMouseUp
  • マウスボタンを離した時に発生します。

  • onMove
  • ウィンドウが移動した時に発生します。

  • onReset
  • フォーム部品のリセットボタンがクリックされた時に発生します。

  • onResize
  • ウィンドウがリサイズされた時に発生します。

  • onSelect
  • フォーム部品のテキスト入力欄でテキストが選択された時に発生します。

  • onSubmit
  • フォーム部品の送信ボタンがクリックされた時に発生します。

  • onUnload
  • 他のページへ移動する時やページが閉じられる時に発生します。
イベントハンドラの使用方法
イベントハンドラに関数やコードを割り当てることによって、イベント発生による処理が行われます。
割り当て方は主に以下のような方法があります。

オブジェクト.イベントハンドラ = 関数 または コード
(例)
document.getElementById("sample").onclick = myFunc;

function myFunc()
{
}

<タグ イベントハンドラ = 関数 または コード>
(例)
<div onclick="myFunc();">~</div>

function myFunc()
{
}

addEventLisnerを使う
(例)
document.getElementById("sample").addEventListner("click", myFunc, false);

function myFunc()
{
}