技術情報
cacheField (PivotCache Field)
ピボットキャッシュのフィールドを定義します。
書式
<cacheField (属性)... >~</cacheField>

対象
xl/pivotCache/pivotCacheDefinition*.xml、xl/pivotTables/pivotTable*.xml など

属性
(PivotCache Field Caption)
キャッシュフィールドのキャプションを設定します。

(Database Field)
データベース由来のフィールドかどうかを設定します。

1
データベース由来です。

0
データベース由来ではありません。

(Calculated Field Formula)
計算されたフィールドに対する数式を設定します。

(Hierarchy)
フィールドの階層を設定します。

(Hierarchy Level)
フィールドの階層レベルを設定します。

(Member Property Count)
フィールドに対するプロパティマッピングの数を設定します。

(Member Property Field)
フィールドがOLAPメンバプロパティ情報を含むかどうかを設定します。

1
含みます。

0
含みません。

(PivotCache Field Name)
キャッシュフィールドの名前を設定します。

(Number Format Id)
フィールドの全ての項目に適用される数値書式を設定します。
ST_NumFmtIdで定義された値を設定します。

(Property Name)
フィールドがOLAPプロパティフィールドの場合、プロパティの名前を設定します。

(Serverbased Field)
フィールドがサーバ基準のページフィールドかどうかを設定します。

1
サーバ基準です。

0
サーバ基準ではありません。

(SQL Data Type)
フィールドのSQLデータ型を設定します。
この属性はODBCデータ型に保持され、ODBCデータソースにのみ適用されます。
以下のような値があります。

説明
0 SQL_UNKNOWN_TYPE
1 SQL_CHAR
2 SQL_VARCHAR
-1 SQL_LONGVARCHAR
-8 SQL_WCHAR
-9 SQL_WVARCHAR
-10 SQL_WLONGVARCHAR
3 SQL_DECIMAL
2 SQL_NUMERIC
5 SQL_SMALLINT
4 SQL_INTEGER
7 SQL_REAL
6 SQL_FLOAT
8 SQL_DOUBLE
-7 SQL_BIT
-6 SQL_TINYINT
-5 SQL_BIGINT
-2 SQL_BINARY
-3 SQL_VARBINARY
-4 SQL_LONGVARBINARY
9 SQL_TYPE_DATE or SQL_DATE
10 SQL_TYPE_TIME or SQL_TIME
11 SQL_TYPE_TIMESTAMP or SQL_TIMESTAMP
102 SQL_INTERVAL_MONTH
101 SQL_INTERVAL_YEAR
107 SQL_INTERVAL_YEAR_TO_MONTH
103 SQL_INTERVAL_DAY
104 SQL_INTERVAL_HOUR
105 SQL_INTERVAL_MINUTE
106 SQL_INTERVAL_SECOND
108 SQL_INTERVAL_DAY_TO_HOUR
109 SQL_INTERVAL_DAY_TO_MINUTE
110 SQL_INTERVAL_DAY_TO_SECOND
111 SQL_INTERVAL_HOUR_TO_MINUTE
112 SQL_INTERVAL_HOUR_TO_SECOND
113 SQL_INTERVAL_MINUTE_TO_SECOND
-11 SQL_GUID
-20 SQL_SIGNED_OFFSET
-22 SQL_UNSIGNED_OFFSET

(Unique List Retrieved)
フィールドに対するユニーク項目のリストを取得できるかどうかを設定します。
この属性はODBCを使用するピボットテーブルの場合にのみ適用されます。

1
取得できます。

0
取得できません。


<cacheField name="a" numFmtId="0">
<sharedItems containsSemiMixedTypes="0" containsString="0" containsNumber="1" containsInteger="1" minValue="4" maxValue="6"/>
</cacheField>