技術情報
ignoredError (Ignored Error)
セル範囲に対する無視されたエラーを定義します。
属性で定義する条件の1つに合致した場合にエラーがあるものとみなされます。

書式
<ignoredError (属性)... />

対象
xl/worksheets/sheet*.xml など

属性
(Calculated Column)
計算された列の数式と異なる値を含むセルがあるときエラーを無視するかどうかを設定します。

1
無視します。

0
無視しません。

(Empty Cell Reference)
空セルを参照する数式の場合にエラーを無視するかどうかを設定します。

1
無視します。

0
無視しません。

(Evaluation Error)
結果としてエラーになる数式を含むセルがある場合にエラーを無視するかどうかを設定します。

1
無視します。

0
無視しません。

(Formula)
あるシート上の数式が同じ領域の他の数式と異なる場合にエラーを無視するかどうかを設定します。

1
無視します。

0
無視しません。

(Formula Range)
数式が範囲内にある一部のセルを省略する場合のエラーを無視するかどうかを設定します。

1
無視します。

0
無視しません。

(List Data Validation)
テーブル内のセルの値が入力規則に従わない場合にエラーを無視するかどうかを設定します。

1
無視します。

0
無視しません。

(Number Stored As Text)
数値がテキストまたはアポストロフィで囲まれている場合にエラーを無視するかどうかを設定します。

1
無視します。

0
無視しません。

(Sequence of References)
無視されたエラーのあるセルの範囲を参照します。
ST_Sqrefで定義された値を設定します。

(Two Digit Text Year)
数式が2桁で年を表わした文字列セルを含む場合にエラーを無視するかどうかを設定します。

1
無視します。

0
無視しません。

(Unlocked Formula)
数式を含むセルがロックされていない場合にエラーを無視するかどうかを設定します。

1
無視します。

0
無視しません。


<ignoredErrors>
<ignoredError sqref="A1 B2" numberStoredAsText="1"/>
</ignoredErrors>