技術情報
pivotArea (Pivot Area)
ピボットテーブルの選択規則を定義します。
書式
<pivotArea (属性)... />

対象
xl/worksheets/sheet*.xml など

属性
(Axis)
ルールを適用するピボットテーブルの範囲を設定します。
ST_Axisで定義された値を設定します。

(Cache Index)
すべてのインデックスがピボットキャッシュのフィールドや項目を参照しているかどうかを設定します。

1
参照しています。

0
参照していません。

(Collapsed Levels Are Subtotals)
折りたたまれたレベルや次元は小計とみなすかどうかを設定します。

1
みなします。

0
みなしません。

(Data Only)
アイテム選択に対するデータ値のみが選択され、アイテムラベルを含んでいないかどうかを設定します。

1
データのみです。

0
データのみではありません。

(Field Index)
選択されたルールの参照インデックスを設定します。

(Field Position)
適用するルールの軸内にあるフィールドの位置を設定します。

(Include Column Grand Total)
列総計を含むかどうかを設定します。

1
含みます。

0
含みません。

(Include Row Grand Total)
行総計を含むかどうかを設定します。

1
含みます。

0
含みません。

(Labels Only)
アイテム選択に対するラベルのみが選択され、データ値を含んでいないかどうかを設定します。

1
ラベルのみです。

0
ラベルのみではありません。

(Offset Reference)
選択エリアのサブセットへの参照を設定します。
選択領域の左上からの相対位置で表します。
ST_Refで定義された値を設定します。

(Outline)
ルールがアウトラインモードにある領域を参照するかどうかを設定します。

1
参照します。

0
参照しません。

(Rule Type)
選択ルールのタイプを設定します。
ST_PivotAreaTypeで定義された値を設定します。