技術情報
rrc (Revision Row Column Insert Delete)
行や列の挿入や削除のリビジョンを定義します。
書式
<rrc (属性)... />

対象
xl/worksheets/sheet*.xml など

属性
(User Action)
行や列で実行された最も最新のアクションを設定します。
ST_rwColActionTypeで定義された値を設定します。

(Edge Deleted)
行や列がソートされた範囲の端で削除されているかどうかを設定します。

1
削除されています。

0
削除されていません。

(End Of List)
行や列がデータリストの端に挿入されているかどうかを設定します。

1
挿入されています。

0
挿入されていません。

(Revision Undo Rejected)
現在のリビジョンが以前のアンドゥされたリビジョンに依存するかどうかを設定します。

1
依存します。

0
依存しません。

(Reference)
行や列が挿入または削除された位置を設定します。
ST_Refで定義された値を設定します。

(Revision Id)
リビジョン番号を設定します。

(Sheet Id)
リビジョンが生成されたシートIDを設定します。

(Revision From Rejection)
別のリビジョンが拒否され、実行されなかったためにこのリビジョンが生成したかどうかを設定します。

1
生成されました。

0
生成されませんでした。