技術情報
table (Table)
単一のXMLテーブルではないテーブルに対するルート要素を定義します。
書式
<table (属性)... >~</table>

対象
xl/worksheets/sheet*.xml など

属性
(Table Comment)
テーブルのコメントを設定します。

(Connection ID)
接続リストのうち使用される接続のIDを設定します。

(Data Style Name)
テーブルのデータ領域セルに適用されるスタイルを設定します。

(Data Area Format Id)
テーブルのデータ領域に適用されるフォーマットを指し示すstyle.xmlの<dxfs>要素のIDを設定します。
ST_DxfIdで定義された値を設定します。

(Table Name)
テーブル名を設定します。

(Header Row Border Format Id)
テーブルのヘッダー行の境界線に適用される書式を指し示すstyle.xmlのdxfs>要素のIDを設定します。
ST_DxfIdで定義された値を設定します。

(Header Row Style)
テーブルのヘッダー行に適用されるスタイルを設定します。

(Header Row Count)
ヘッダー行数を設定します。

(Header Row Format Id)
テーブルのヘッダー行に適用される書式を指し示すstyle.xmlのdxfs>要素のIDを設定します。
ST_DxfIdで定義された値を設定します。

(Table Id)
テーブルのユニークIDを設定します。

(Insert Row Showing)
挿入行を表示するかどうかを設定します。

1
挿入行を表示します。

0
挿入行を表示しません。

(Insert Row Shift)
挿入行が表示されるとき、シート中のセルを挿入しなければならないかどうかを設定します。

1
挿入しなければなりません。

0
挿入しなくても構いません。

(Name)
テーブル参照に使用される名前を設定します。

(Published)
テーブルをサーバアプリケーションで公開するかどうかを設定します。

1
公開します。

0
公開しません。

(Reference)
テーブルの範囲をA1形式で設定します。

(Table Border Format Id)
テーブルの境界線に適用される書式を指し示すstyle.xmlのdxfs>要素のIDを設定します。
ST_DxfIdで定義された値を設定します。

(Table Type)
テーブルのタイプを設定します。
ST_TableTypeで定義された値を設定します。

(Totals Row Border Format Id)
テーブルの合計行の境界線に適用される書式を指し示すstyle.xmlのdxfs>要素のIDを設定します。
ST_DxfIdで定義された値を設定します。

(Totals Row Style)
テーブルの合計行のセルに適用されるスタイルを設定します。

(Totals Row Count)
テーブルの全体行数を設定します。

(Totals Row Format Id)
テーブルの合計行に適用される書式を指し示すstyle.xmlのdxfs>要素のIDを設定します。
ST_DxfIdで定義された値を設定します。

(Totals Row Shown)
テーブルの合計行を表示するかどうかを設定します。

1
表示します。

0
表示しません。