技術情報
workbookProtection (Workbook Protection)
データ保護オプションを定義します。
この要素にハッシュパスワードが保持されている場合、UTF-16LEからハッシュが開始されます。
エンコードされたパスワードにBOM(U+FEFF)がある場合、ハッシュ計算前に取り除かれます。
書式
<workbookProtection (属性)... />

対象
xl/workbook.xml など

属性
(Lock Revisions)
バージョンを固定するかどうかを設定します。

1
固定します。

0
固定しません。

(Lock Structure)
ワークブックの構造をロックするかどうかを設定します。

1
ロックします。

0 (デフォルト)
ロックしません。

(Lock Windows)
ワークブックウィンドウをロックするかどうかを設定します。

1
ロックします。

0 (デフォルト)
ロックしません。

(Cryptographic Algorithm Name)
revisionsHashValue属性値のハッシュ値を計算するためにソルト属性と入力パスワードとともに使用されるハッシュアルゴリズムを設定します。

MD2
RFC1319で定義されているMD2を用います。

MD4
RFC1320で定義されているMD4を用います。

MD5
RFC1321で定義されているMD5を用います。

RIPEMD-128
ISO/IEC10118-3:2004で定義されているRIPEMD-128を用います。

RIPEMD-160
ISO/IEC10118-3:2004で定義されているRIPEMD-160を用います。

SHA-1
ISO/IEC10118-3:2004で定義されているSHA-1を用います。

SHA-256
ISO/IEC10118-3:2004で定義されているSHA-256を用います。

SHA-384
ISO/IEC10118-3:2004で定義されているSHA-384を用います。

SHA-512
ISO/IEC10118-3:2004で定義されているSHA-512を用います。

WHIRLPOOL
ISO/IEC10118-3:2004で定義されているWHIRLPOOLを用います。

(Password Hash Value)
ワークブックのバージョンロックを解除するための保存パスワードのハッシュ値を設定します。 先の属性と親要素によって指定されたアルゴルズムを用いてユーザが入力したパスワードをハッシュ化したものを比較します。

(Salt Value for Password Verifier)
revisionsHashValue属性値を生成するために、先の属性で定義されたハッシュアルゴリズムを使ってハッシュ化する際のソルトを設定します。

(Iterations to Run Hashing Algorithm)
revisionsHashValue属性値と入力パスワードを比較する時のハッシュ関数の繰り返し回数を設定します。

(Cryptographic Algorithm Name)
workbookHashValue属性値のハッシュ値を計算するためにソルト属性と入力パスワードとともに使用されるハッシュアルゴリズムを設定します。

MD2
RFC1319で定義されているMD2を用います。

MD4
RFC1320で定義されているMD4を用います。

MD5
RFC1321で定義されているMD5を用います。

RIPEMD-128
ISO/IEC10118-3:2004で定義されているRIPEMD-128を用います。

RIPEMD-160
ISO/IEC10118-3:2004で定義されているRIPEMD-160を用います。

SHA-1
ISO/IEC10118-3:2004で定義されているSHA-1を用います。

SHA-256
ISO/IEC10118-3:2004で定義されているSHA-256を用います。

SHA-384
ISO/IEC10118-3:2004で定義されているSHA-384を用います。

SHA-512
ISO/IEC10118-3:2004で定義されているSHA-512を用います。

WHIRLPOOL
ISO/IEC10118-3:2004で定義されているWHIRLPOOLを用います。

(Password Hash Value)
ワークブックのロックを解除するための保存パスワードのハッシュ値を設定します。 先の属性と親要素によって指定されたアルゴルズムを用いてユーザが入力したパスワードをハッシュ化したものを比較します。

(Salt Value for Password Verifier)
workbookHashValue属性値を生成するために、先の属性で定義されたハッシュアルゴリズムを使ってハッシュ化する際のソルトを設定します。

(Iterations to Run Hashing Algorithm)
workbookHashValue属性値と入力パスワードを比較する時のハッシュ関数の繰り返し回数を設定します。


<workbookProtection revisionsAlgorithmName="SHA-1" revisionsSaltValue="ZUdHa+D8F/OAKP3I7ssUnQ==" revisionsSpinCount="100000" revisionsHashValue="9oN7nWkCAyEZib1RomSJTjmPpCY="/>