技術情報
メソッド
Addメソッド Existsメソッド Itemsメソッド
Keysメソッド Removeメソッド RemoveAllメソッド


Addメソッド
Dictionaryオブジェクトに1組のキーと値を追加します。
書式 "Dictionaryオブジェクト".Add(引数1,引数2)
■ 引数1(必須)
追加するキーを指定します。
■ 引数2(必須)
追加する値を指定します。

[戻り値]

(例)
'データを追加します。
Dim oDic
Set oDic = CreateObject("Scripting.Dictionary")
oDic.Add "DATA01", "1000"
oDic.Add "DATA02", "2000"
Set oDic = Nothing


Existsメソッド
Dictionaryオブジェクトに指定したキーが存在するかどうかを確認します。
書式 "Dictionaryオブジェクト".Exists(引数1)
■ 引数1(必須)
確認するキーを指定します。

[戻り値]
True 指定したキーが存在します。
False 指定したキーは存在しません。

(例)
'キーの有無をします。
Dim oDic
Set oDic = CreateObject("Scripting.Dictionary")
oDic.Add "DATA01", "1000"
oDic.Add "DATA02", "2000"
If oDic.Exists("DATA03") = True Then
  WScript.Echo "存在します"
Else
  WScript.Echo "存在しません"
End If
Set oDic = Nothing


Itemsメソッド
Dictionaryオブジェクトのすべての値を格納した配列を返します。
書式 "Dictionaryオブジェクト".Items

[戻り値]
配列

(例)
'値の配列を取得します。
Dim oDic, myArray
Set oDic = CreateObject("Scripting.Dictionary")
oDic.Add "DATA01", "1000"
oDic.Add "DATA02", "2000"
myArray = oDic.Items
WScript.Echo myArray(0)
Set oDic = Nothing


Keysメソッド
Dictionaryオブジェクトのすべてのキーを格納した配列を返します。
書式 "Dictionaryオブジェクト".Keys

[戻り値]
配列

(例)
'キーの配列を取得します。
Dim oDic, myArray
Set oDic = CreateObject("Scripting.Dictionary")
oDic.Add "DATA01", "1000"
oDic.Add "DATA02", "2000"
myArray = oDic.Keys
WScript.Echo myArray(0)
Set oDic = Nothing


Removeメソッド
Dictionaryオブジェクトから指定したキーとその値を削除します。
書式 "Dictionaryオブジェクト".Remove(引数1)
■ 引数1(必須)
削除するキーを指定します。

[戻り値]

(例)
'1つのキーを削除します。
Dim oDic
Set oDic = CreateObject("Scripting.Dictionary")
oDic.Add "DATA01", "1000"
oDic.Add "DATA02", "2000"
oDic.Remove("DATA01")
Set oDic = Nothing


RemoveAllメソッド
Dictionaryオブジェクトからすべてのキーと値を削除します。
書式 "Dictionaryオブジェクト".RemoveAll

[戻り値]

(例)
'すべてのキーと値を削除します。
Dim oDic
Set oDic = CreateObject("Scripting.Dictionary")
oDic.Add "DATA01", "1000"
oDic.Add "DATA02", "2000"
oDic.RemoveAll
Set oDic = Nothing