技術情報
プロパティ
Countプロパティ Itemプロパティ Keyプロパティ


Countプロパティ
Dictionaryオブジェクトの配列要素数を返します。
書式 "Dictionaryオブジェクト".Count
"Dictionaryオブジェクトのキー配列".Count
"Dictionaryオブジェクトの値配列".Count

[戻り値]
要素数

(例)
'要素数を表示します。
Dim oDic
Set oDic = CreateObject("Scripting.Dictionary")
oDic.Add "DATA01", "1000"
oDic.Add "DATA02", "2000"
WScript.Echo oDic.Count
Set oDic = Nothing


Itemプロパティ
Dictionaryオブジェクトの指定したキーに対応する値を返します。
書式 "Dictionaryオブジェクト".Item(引数1)
■ 引数1(必須)
キーを指定します。

[戻り値]
キーに対応する値

[備考]
指定したキーに対応する値がない場合は、空文字列("")が返されます。
また、同時に指定したキーに対応する空の値を追加します。
「連想配列(キー)」と「連想配列.Item(キー)」は等価です。

(例)
'データを表示します。
Dim oDic
Set oDic = CreateObject("Scripting.Dictionary")
oDic.Add "DATA01", "1000"
oDic.Add "DATA02", "2000"
WScript.Echo oDic.Item("DATA01")
Set oDic = Nothing


Keyプロパティ
Dictionaryオブジェクトの既存のキーを新しいキーに変更します。
書式 "Dictionaryオブジェクト".Key(引数1) = 引数2
■ 引数1(必須)
変更前のキーを指定します。
■ 引数2(必須)
変更後のキーを指定します。

[戻り値]

(例)
'キーを変更します。
Dim oDic
Set oDic = CreateObject("Scripting.Dictionary")
oDic.Add "DATA01", "1000"
oDic.Add "DATA02", "2000"
oDic.Key("DATA02") = "DATA00"
Set oDic = Nothing