技術情報
スクリプトコードの暗号化
VBScriptの暗号化は以前は、Windows Script Encoderで行っていたが、現在はOSに標準装備の scrrun.dll を使って暗号化します。
以下のソースを適当なファイル名(ここでは enc.vbsとします)で保存します。
Option Explicit

Dim oEncoder, oFilesToEncode, file, sDest
Dim sFileOut, oFile, oEncFile, oFSO, i
Dim oStream, sSourceFile

Set oFilesToEncode = WScript.Arguments
Set oEncoder = CreateObject("Scripting.Encoder")
For i = 0 to oFilesToEncode.Count - 1
Set oFSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
file = oFilesToEncode(i)
Set oFile = oFSO.GetFile(file)
Set oStream = oFile.OpenAsTextStream(1)
sSourceFile=oStream.ReadAll
oStream.Close
sDest = oEncoder.EncodeScriptFile(".vbs",sSourceFile,0,"")
sFileOut = Left(file, Len(file) - 3) & "vbe"
Set oEncFile = oFSO.CreateTextFile(sFileOut)
oEncFile.Write sDest
oEncFile.Close
Next
上記のスクリプトファイルに暗号化したいVBScriptファイルをドラッグ&ドロップするか、コマンドラインからこのスクリプトファイルを実行する際に引数として、暗号化したいVBScriptファイルのパスを指定して実行します。 拡張子 vbe の暗号化されたスクリプトファイルが生成されます。