技術情報
プロパティ
AtEndOfLineプロパティ AtEndOfStreamプロパティ Attributesプロパティ
AvailableSpaceプロパティ Columnプロパティ DateCreatedプロパティ
DateLastAccessedプロパティ DateLastModifiedプロパティ Driveプロパティ
DriveLetterプロパティ Drivesプロパティ DriveTypeプロパティ
Filesプロパティ FileSystemプロパティ FreeSpaceプロパティ
IsReadyプロパティ IsRootFolderプロパティ Lineプロパティ
Nameプロパティ ParentFolderプロパティ Pathプロパティ
RootFolderプロパティ SerialNumberプロパティ ShareNameプロパティ
ShortNameプロパティ ShortPathプロパティ Sizeプロパティ
SubFoldersプロパティ TotalSizeプロパティ Typeプロパティ
VolumeNameプロパティ


AtEndOfLineプロパティ
TextSreamオブジェクトにおいて、読み取り位置が行末にあるかどうかを取得します。

書式 "TextStreamオブジェクト".AtEndOfLine

[値]
True 読み取り位置は行末にあります。
False 読み取り位置は行末にありません。

(例)
'「D:\Temp\File1.txt」の1行目を行末まで読み込みます。
Dim oFSO, oStream, StrData
Set oFSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set oStream = oFSO.OpenTextFile("D:\Temp\File1.txt", 1, False)
StrData = ""
Do While oStream.AtEndOfLine = False
  StrData = StrData & oStream.Read(1)
Loop
oStream.Close
WScript.Echo StrData
Set oStream = Nothing
Set oFSO = Nothing


AtEndOfStreamプロパティ
TextSreamオブジェクトにおいて、読み取り位置がファイルの末端にあるかどうかを取得します。

書式 "TextStreamオブジェクト".AtEndOfStream

[値]
True 読み取り位置はファイルの末端にあります。
False 読み取り位置はファイルの末端にありません。

(例)
'「D:\Temp\File1.txt」のファイルの末端まで読み込みます。
Dim oFSO, oStream, StrData
Set oFSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set oStream = oFSO.OpenTextFile("D:\Temp\File1.txt", 1, False)
StrData = ""
Do While oStream.AtEndOfStream = False
  StrData = StrData & oStream.ReadLine
Loop
oStream.Close
WScript.Echo StrData
Set oStream = Nothing
Set oFSO = Nothing


Attributesプロパティ
ファイルまたはフォルダの属性を設定または取得します。

書式 "Fileオブジェクト".Attributes
"Folderオブジェクト".Attributes

[値]
属性値を示す値は以下のようになります。
値を設定する場合で、かつ複数の値を設定する場合は、値の和を指定します。
値を取得する場合で、かつ複数の値が設定されている場合は、値の和が返されます。
定数 説明
Normal 0 標準ファイルです。
ReadOnly 1 読み取り専用ファイルです。
Hidden 2 隠しファイルです。
System 4 システムファイル。
Volume 8 ディスクドライブボリュームラベルです。この属性は、値の取得のみ可能です。
Directory 16 フォルダまたはディレクトリです。この属性は、値の取得のみ可能です。
Archive 32 ファイルが前回のバックアップ以降に変更されているかどうかを表します。
Alias 64 リンクまたはショートカットです。この属性は、値の取得のみ可能です。
Compressed 128 圧縮ファイルです。この属性は、値の取得のみ可能です。

(例)
'「D:\Temp\File1.txt」の属性を表示します。
Dim oFSO, oFile
Set oFSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set oFile = oFSO.GetFile("D:\Temp\File1.txt")
WScript.Echo oFile.Attributes
Set oFile = Nothing
Set oFSO = Nothing


AvailableSpaceプロパティ
利用可能な空き容量を取得します。

書式 "Driveオブジェクト".AvailableSpace

[値]
利用可能な空き容量のバイト数

[備考]
通常、FreeSpaceプロパティと同じ値を返しますが、ディスククォータによる制限がかけられている場合には、異なる値を示すことがあります。

(例)
'Dドライブの空き容量を表示します。
Dim oFSO, oDrive
Set oFSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set oDrive = oFSO.GetDrive("D:")
WScript.Echo oDrive.AvailableSpace
Set oDrive = Nothing
Set oFSO = Nothing


Columnプロパティ
TextStreamオブジェクト内での文字位置を取得します。

書式 "TextStreamオブジェクト".Column

[値]
行の先頭からの文字位置

[備考]
行の先頭は 1 となります。

(例)
'「D:\Temp\File1.txt」を読み込みます。
Dim oFSO, oStream
Set oFSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set oStream = oFSO.OpenTextFile("D:\Temp\File1.txt", 1)
WScript.Echo oStream.ReadLine
WScript.Echo oStream.Column
oStream.Close
Set oStream = Nothing
Set oFSO = Nothing


DateCreatedプロパティ
フォルダまたはファイルの作成日時を取得します。

書式 "Folderオブジェクト".DateCreated
"Fileオブジェクト".DateCreated

[値]
日時を表す文字列

(例)
'「D:\Temp」フォルダの作成日時を取得します。
Dim oFSO, oFolder
Set oFSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set oFolder = oFSO.GetFolder("D:\Temp")
WScript.Echo oFolder.DateCreated
Set oFolder = Nothing
Set oFSO = Nothing


DateLastAccessedプロパティ
フォルダまたはファイルの最終アクセス日時を取得します。

書式 "Folderオブジェクト".DateLastAccessed
"Fileオブジェクト".DateLastAccessed

[値]
日時を表す文字列

(例)
'「D:\Temp」フォルダの最終アクセス日時を取得します。
Dim oFSO, oFolder
Set oFSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set oFolder = oFSO.GetFolder("D:\Temp")
WScript.Echo oFolder.DateLastAccessed
Set oFolder = Nothing
Set oFSO = Nothing


DateLastModifiedプロパティ
フォルダまたはファイルの最終更新日時を取得します。

書式 "Folderオブジェクト".DateLastModified
"Fileオブジェクト".DateLastModified

[値]
日時を表す文字列

(例)
'「D:\Temp」フォルダの最終更新日時を取得します。
Dim oFSO, oFolder
Set oFSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set oFolder = oFSO.GetFolder("D:\Temp")
WScript.Echo oFolder.DateLastModified
Set oFolder = Nothing
Set oFSO = Nothing


Driveプロパティ
ファイルまたはフォルダのドライブ名を取得します。

書式 "Folderオブジェクト".Drive
"Fileオブジェクト".Drive

[値]
ドライブ名

[備考]
ドライブ名には「:」が付きます。

(例)
'「D:\Temp\File1.txt」のドライブ名を表示します。
Dim oFSO, oFile
Set oFSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set oFile = oFSO.GetFile("D:\Temp\File1.txt")
WScript.Echo oFile.Drive
Set oFile = Nothing
Set oFSO = Nothing


DriveLetterプロパティ
ローカルドライブまたはマウントされているネットワークドライブのドライブ名を取得します。

書式 "Driveオブジェクト".DriveLetter

[値]
ドライブ文字

[備考]
ドライブ文字には「:」は付きません。

(例)
'「D:」のドライブ名を表示します。
Dim oFSO, oDrive
Set oFSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set oDrive = oFSO.GetDrive("D:\t")
WScript.Echo oDrive.DriveLetter
Set oDrive = Nothing
Set oFSO = Nothing


Drivesプロパティ
利用可能なローカルドライブのDriveオブジェクトのコレクションを取得します。

書式 "FileSystemObjectオブジェクト".Drives

[値]
Driveオブジェクト配列

(例)
'利用可能なローカルドライブの一覧を表示します。
Dim oFSO, oDrives, oEach, StrData
Set oFSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set oDrives = oFSO.Drives
StrData = ""
For Each oEach In oDrives
  StrData = StrData & oEach.DriveLetter & vbCrLf
Next
WScript.Echo StrData
Set oDrive = Nothing
Set oEach = Nothing
Set oFSO = Nothing


DriveTypeプロパティ
ドライブの種類を取得します。

書式 "Driveオブジェクト".DriveType

[値]
ドライブの種類を表す以下の値を返します。
説明
0 不明
1 リムーバブルディスク
2 ハードディスク
3 ネットワークドライブ
4 CD-ROM
5 RAMディスク

(例)
'Dドライブの種類を表示します。
Dim oFSO, oDrive
Set oFSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set oDrive = oFSO.GetDrive("D:\")
WScript.Echo oDrive.DriveType
Set oDrive = Nothing
Set oFSO = Nothing


Filesプロパティ
フォルダに含まれるFileオブジェクトのコレクションを返します。

書式 "Folderオブジェクト".Files

[値]
Fileオブジェクト配列

(例)
'「D:\Temp」フォルダのファイル一覧を表示します。
Dim oFSO, oFolder, oFiles, oFn
Set oFSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set oFolder = oFSO.GetFolder("D:\Temp")
Set oFiles = oFolder.Files
For Each oFn In oFiles
  WScript.Echo oFn.Name
Next
Set oFn = Nothing
Set oFiles = Nothing
Set oFolder = Nothing
Set oFSO = Nothing


FileSystemプロパティ
ドライブのファイルシステムを取得します。

書式 "Driveオブジェクト".FileSystem

[値]
ファイルシステムの種類を表す以下の文字列を返します。
  • FAT
  • NTFS
  • CDFS

(例)
'Dドライブのファイルシステムを表示します。
Dim oFSO, oDrive
Set oFSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set oDrive = oFSO.GetDrive("D:\")
WScript.Echo oDrive.FileSystem
Set oDrive = Nothing
Set oFSO = Nothing


FreeSpaceプロパティ
ドライブの空き容量を取得します。

書式 "Driveオブジェクト".FreeSpace

[値]
ドライブの空き容量のバイト数

[備考]
通常、AvailableSpaceプロパティと同じ値を返しますが、ディスククォータによる制限がかけられている場合には、異なる値を示すことがあります。

(例)
'Dドライブの空き容量を表示します。
Dim oFSO, oDrive
Set oFSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set oDrive = oFSO.GetDrive("D:")
WScript.Echo oDrive.FreeSpace
Set oDrive = Nothing
Set oFSO = Nothing


IsReadyプロパティ
ドライブが準備できているかどうかを取得します。

書式 "Driveオブジェクト".IsReady

[値]
True 指定したドライブが準備できています。
False 指定したドライブが準備できていません。

[備考]
リムーバブルディスクドライブやCD-ROMドライブの場合は、メディアがセットされているときに True を返します。

(例)
'Dが利用可能かどうかを確認します。
Dim oFSO, oDrive
Set oFSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set oDrive = oFSO.GetDrive("D:")
If oDrive.IsReady = True Then
  WScript.Echo "ドライブは使用可能です"
Else
  WScript.Echo "ドライブは使用できません"
End If
Set oDrive = Nothing
Set oFSO = Nothing


IsRootFolderプロパティ
フォルダがルートフォルダかどうかを取得します。

書式 "Folderオブジェクト".IsRootFolder

[値]
True 指定したフォルダはルートフォルダです。
False 指定したフォルダはルートフォルダではありません。

[備考]
通常、ドライブ以外は False となります。

(例)
'ルートフォルダかどうかを確認します。
Dim oFSO, oFolder
Set oFSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set oFolder = oFSO.GetFolder("D:\")
If oFolder.IsRootFolder = True Then
  WScript.Echo "ルートフォルダです"
Else
  WScript.Echo "ルートフォルダではありません"
End If
Set oFolder = Nothing
Set oFSO = Nothing


Lineプロパティ
TextStreamオブジェクトの現在の行番号を取得します。

書式 "TextStreamオブジェクト".Line

[値]
行番号

(例)
'読み取り中の行番号を表示します。
Dim oFSO, oStream
Set oFSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set oStream = oFSO.OpenTextFile("D:\Temp\File1.txt", 1)
Do While oStream.AtEndOfStream = False
WScript.Echo oStream.Line & "行目:" & oStream.ReadLine
Loop
Set oStream = Nothing
Set oFSO = Nothing


Nameプロパティ
ファイルまたはフォルダの名前を取得します。

書式 "Fileオブジェクト".Name
"Folderオブジェクト".Name

[値]
ファイル名またはフォルダ名

[備考]
ファイルの場合は拡張子も含まれます。

(例)
'「D:\Temp\File1.txt」のファイル名を表示します。
Dim oFSO, oFile
Set oFSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set oFile = oFSO.GetFile("D:\Temp\File1.txt")
WScript.Echo oFile.Name
Set oFile = Nothing
Set oFSO = Nothing


ParentFolderプロパティ
ファイルまたはフォルダが格納されている親フォルダのFolderオブジェクトを取得します。

書式 "Fileオブジェクト".ParentFolder
"Folderオブジェクト".ParentFolder

[値]
Folderオブジェクト

(例)
'「D:\Temp\File1.txt」の親フォルダを取得します。
Dim oFSO, oFolder, oFile
Set oFSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set oFile = oFSO.GetFile("D:\Temp\File1.txt")
Set oFolder = oFile.ParentFolder
WScript.Echo oFolder.Path
Set oFolder = Nothing
Set oFile = Nothing
Set oFSO = Nothing


Pathプロパティ
ファイルまたはフォルダのフルパスを取得します。

書式 "Fileオブジェクト".Path
"Folderオブジェクト".Path

[値]
ファイルまたはフォルダのフルパス

(例)
'「D:\Temp\File1.txt」の親フォルダのパスを表示します。
Dim oFSO, oFolder, oFile
Set oFSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set oFile = oFSO.GetFile("D:\Temp\File1.txt")
Set oFolder = oFile.ParentFolder
WScript.Echo oFolder.Path
Set oFolder = Nothing
Set oFile = Nothing
Set oFSO = Nothing


RootFolderプロパティ
ドライブのルートフォルダを表すFolderオブジェクトを取得します。

書式 "Driveオブジェクト".RootFolder

[値]
Folderオブジェクト

(例)
'ルートフォルダを表示します。
Dim oFSO, oDrive
Set oFSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set oDrive = oFSO.GetDrive("D:\")
WScript.Echo oDrive.RootFolder.Path
Set oDrive = Nothing
Set oFSO = Nothing


SerialNumberプロパティ
ディスクのシリアル番号を取得します。

書式 "Driveオブジェクト".SerialNumber

[値]
シリアル番号

(例)
'Dドライブのシリアル番号を表示します。
Dim oFSO, oDrive
Set oFSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set oDrive = oFSO.GetDrive("D:\")
WScript.Echo oDrive.SerialNumber
Set oDrive = Nothing
Set oFSO = Nothing


ShareNameプロパティ
ドライブのネットワーク共有名を取得します。

書式 "Driveオブジェクト".ShareName

[値]
共有名

[備考]
共有されていない場合は、空文字列("")を返します。

(例)
'Dドライブの共有名を表示します。
Dim oFSO, oDrive
Set oFSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set oDrive = oFSO.GetDrive("D:\")
WScript.Echo oDrive.ShareName
Set oDrive = Nothing
Set oFSO = Nothing


ShortNameプロパティ
ファイルまたはフォルダの短い名前を取得します。

書式 "Fileオブジェクト".ShortName
"Folderオブジェクト".ShortName

[値]
ファイル名またはフォルダ名の短い名前

[備考]
値にはパスは含まれません。

(例)
'「D:\Temp\File1.txt」の短いファイル名を表示します。
Dim oFSO, oFile
Set oFSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set oFile = oFSO.GetFile("D:\Temp\File1.txt")
WScript.Echo oFile.ShortName
Set oFile = Nothing
Set oFSO = Nothing


ShortPathプロパティ
ファイルまたはフォルダの短いパスを取得します。

書式 "Fileオブジェクト".ShortPath
"Folderオブジェクト".ShortPath

[値]
ファイル名またはフォルダ名の短いパス

(例)
'「D:\Temp\File1.txt」の短いパスを表示します。
Dim oFSO, oFile
Set oFSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set oFile = oFSO.GetFile("D:\Temp\File1.txt")
WScript.Echo oFile.ShortPath
Set oFile = Nothing
Set oFSO = Nothing


Sizeプロパティ
ファイルまたはフォルダのサイズを取得します。

書式 "Fileオブジェクト".Size
"Folderオブジェクト".Size

[値]
バイト数

[値]
ファイルの場合はそのファイルのサイズ、フォルダの場合はそのフォルダ配下のすべてのファイルの合計サイズをバイト数で返します。

(例)
'「D:\Temp\File1.txt」のサイズを表示します。
Dim oFSO, oFile
Set oFSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set oFile = oFSO.GetFile("D:\Temp\File1.txt")
WScript.Echo oFile.Size
Set oFile = Nothing
Set oFSO = Nothing


SubFoldersプロパティ
指定したフォルダ配下のサブフォルダを表すFolderオブジェクトのコレクションを取得します。

書式 "Folderオブジェクト".SubFolders

[値]
Folderオブジェクト配列

(例)
'「D:\Temp」の配下にあるサブフォルダを取得します。
Dim oFSO, oFolder, oSub, oEach
Set oFSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set oFolder = oFSO.GetFolder("D:\Temp")
Set oSub = oFolder.SubFolders
For Each oEach In oSub
  WScript.Echo oEach.Name
Loop
Set oEach = Nothing
Set oSub = Nothing
Set oFolder = Nothing
Set oFSO = Nothing


TotalSizeプロパティ
ドライブまたは共有フォルダの全容量を取得します。

書式 "Driveオブジェクト".TotalSize

[値]
バイト数

(例)
'Dドライブの全容量を表示します。
Dim oFSO, oDrive
Set oFSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set oDrive = oFSO.GetDrive("D:\")
WScript.Echo oDrive.TotalSize
Set oDrive = Nothing
Set oFSO = Nothing


Typeプロパティ
ファイルまたはフォルダの種類を取得します。

書式 "Fileオブジェクト".Type
"Folderオブジェクト".Type

[値]
種類を表す文字列

(例)
'「D:\Temp\File1.txt」のファイルの種類を表示します。
Dim oFSO, oFile
Set oFSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set oFile = oFSO.GetFile("D:\Temp\File1.txt")
WSciprt.Echo oFile.Type
Set oFile = Nothing
Set oFSO = Nothing


VolumeNameプロパティ
ドライブのボリューム名を設定または取得します。

書式 "Driveオブジェクト".VolumeName

[値]
ボリューム名を表す文字列

(例)
'Dドライブのボリューム名を設定します。。
Dim oFSO, oDrive
Set oFSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set oDrive = oFSO.GetDrive("D:\")
oDrive.VolumeName = "ローカル ドライブ"
Set oDrive = Nothing
Set oFSO = Nothing