技術情報
WshUrlShortcutオブジェクト
URLショートカットを扱うためのオブジェクトです。
WshShellオブジェクトのCreateShortcutメソッドが返すオブジェクトです。

[オブジェクトの生成]
Set オブジェクト変数 = WshShellオブジェクト.CreateShortcut(...)

プロパティ
  • FullNameプロパティ
  • ショートカットのパスを取得します。

    書式 "WshUrlShortcutオブジェクト".FullName

    (例)
    'URLショートカットを作成します
    Dim oShell, oLink, StrPath
    Set oShell = WScript.CreateObject("WScript.Shell")
    StrPath = oShell.SpecialFolders("Desktop")
    Set oLink = oShell.CreateShortcut(StrPath & "\Test.url")
    oLink.TargetPath = "http://www.****.com/"
    oLink.Save

    '作成したショートカットのパスを表します
    WScript.Echo oLink.FullName

  • TargetPathプロパティ
  • ショートカットの作成対象となるURLを設定または取得します。

    書式 "WshUrlShortcutオブジェクト".TargetPath

    (例)
    'URLショートカットを作成します
    Dim oShell, oLink, StrPath
    Set oShell = WScript.CreateObject("WScript.Shell")
    StrPath = oShell.SpecialFolders("Desktop")
    Set oLink = oShell.CreateShortcut(StrPath & "\Test.url")
    oLink.TargetPath = "http://www.****.com/"
    oLink.Save


メソッド
  • Saveメソッド
  • CreateShortcutメソッドを使って作成したショートカットオブジェクトを保存します。
    ショートカットを作成したら必ずこのメソッドを実行して保存しなければなりません。

    書式 "WshUrlShortcutオブジェクト".Save

    (例)
    'URLショートカットを作成します
    Dim oShell, oLink, StrPath
    Set oShell = WScript.CreateObject("WScript.Shell")
    StrPath = oShell.SpecialFolders("Desktop")
    Set oLink = oShell.CreateShortcut(StrPath & "\Test.url")
    oLink.TargetPath = "http://www.****.com/"
    oLink.Save